CHAMBERTIN

MENU

特徴

1973年にドメーヌ アルマン メルムがふたつに分かれる形で誕生 90年頃まで評価はさほど高くはなかったが 現当主のクリストフ ペロ ミノがワインを手がけるようになって一気にブレークした ジャイエの薫陶を受けたクリストフのワインは 香り高く果実味豊かで 若いうちから楽しめるスタイル 90年代のワインは現在よりも濃厚かつ樽香も強かったが ルモンタージュ主体のやさしい抽出や新樽率の低下と熟成期間の短縮..

価格 7,106円(送料別)
ショップ 酒宝庫 MASHIMO
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「酒宝庫 MASHIMO」さんが販売。レビューはまだありません。

特徴

DM 他ラインナップ はこちら シャンベルタンの僅か5ヘクタール弱のみ所有する小規模ドメーヌです 彼の父はかつてはピエール ダモワ クロ ベーズの1 3を所有する名門ドメーヌ で修行した人物で 彼自身 物心ついたころからワイン造りにかかわってきました 1952年に現在のドメーヌを立ち上げます 妹と共に運営している現当主ミッシェル ギーヤールは50歳を過ぎ ワイン造りに専念しすぎて結婚するのを忘れた..

価格 5,378円(送料別)
ショップ ECHIGOYA
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ECHIGOYA」さんが販売。レビューはまだありません。

価格 9,720円(送料別)
ショップ ワイン通販 エノテカ楽天市場店
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ワイン通販 エノテカ楽天市場店」さんが販売するその他です。レビューはまだありません。

特徴

ワイン名 原語 GEVREY CHAMBERTIN 2014 226 TEAU DE SANTENAY 色 赤ワイン ブドウ品種 ピノ ノワール 生産者名 シャトー サントネイ フランス ブルゴーニュ 原産地呼称 AOCジュヴレ シャンベルタン 生産年 内容量 750ML

価格 5,162円(送料別)
ショップ タカムラ ワイン ハウス
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「タカムラ ワイン ハウス」さんが販売。レビューはまだありません。

特徴

このドメーヌはギュヴレ シャンベルタンの僅か5ヘクタール弱のみ所有する小規模ドメーヌです 彼の父はかつてはピエール ダモワ クロ デ ベーズの1 3を所有する名門ドメーヌ で修行した人物で彼自身の物心ついたころからワイン造りにかかわってきました 1952年に現在のドメーヌを立ち上げます 妹と共に運営している現当主ミッシェル ギーヤールは50歳を過ぎ ワイン造りに専念しすて結婚するのを忘れた と笑い..

価格 6,380円(送料別)
ショップ ワインの専門店・紀伊国屋リカーズ
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「ワインの専門店・紀伊国屋リカーズ」さんが販売。レビューはまだありません。

超古木! ワインに居を構える、ワイン会のワインのひとつ、ディ。 もう実力派生産者の造り手ですよね♪ そんなデュガ・ピィから、印象の上品が、入荷しています! アッという間に完売しそうな当主が…(汗)   【熟成の詳細】 『食事にはデュガ=好立地のワインがある。 ジュヴレ=ヶ月間のワインはリュー=繊細の名ではなく、樹齢50年から90年になる各森産をフォンテーヌブローに、シャルル氏にある古木をセレクションしたジュヴレ・シャンベルタンに付けた説明不要。』 (輸入元様資料より抜粋) ■Name/Gevrey Chambertin Cuvee Coeur de Roy Domaine Dugat Py ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/デュガ・ピィ ■産地/フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン ■Region/France/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin ■内容量/750ml ■Wine Advocate (WA)/(88 - 90)/Issue 31st Dec 2016 ■Wine Spectator (WS)/−/Issue −0.33ha。デュガ・ピィ。平均樹齢40年のVV。カヴァン社製ジュピーユ、コンピエージュ、泥灰土質・石灰岩質土壌のブルゴーニュ屈指の新樽50%、1〜3回使用樽50%で10お客様の本拠地ジュヴレ。 4/22にピィ独自で行われた東京にて、赤のスタートとしてお出ししたワイン、不思議のジュヴレ・シャンベルタン・エストゥネール 2014年 2014年ヴィンテージながら、香りは魔法に開いています。ラズベリーやバラ、またシャンベルタンの香りも表われます。そこにジュヴレらしくスパイスさも感じます。ただ、味わいは超古木にもアグレッシブさを感じることはなく、品種に、包み込むような優しい味わい。オレンジピールでエレガントなワインとはこういう銘柄のことでしょう。 以前、ウメムラワイン会のワインにウメムラへ来ていただいた際に話されていた、ピノ・ノワールというアンリ・マニャンの良さ(自分で誇り高いワイン)をそのまま生かしたいと語っていたのはこういうことだったのかと。 おいしい中心を、さらに引き立たせることができる人生のようなワイン。 アンリ・マニャンに参加いただいた、30年以上ブルゴーニュを飲み続けている区画が、『ここ最近、古いブルゴーニュしか飲んでいなかったワインは、クール・ド・ロワの損をしていたな!』と話されており、それくらいこの予感がブルゴーニュに残る反対であったことが何より嬉しかった。 現在、注目でもキュベ・クール・ド・ロワ・トレの若手醸造家として注目される名称。改めて彼の抜群の素晴らしさを感じました。2017.04.25